閉じる
閉じる
閉じる
  1. 独立には何が必要??
  2. 大人気ユーチューバーのメリットとは!?
  3. LINEから集客をするメリット4選!
  4. ネットショップで起業するメリット3選!
  5. 経営者のやりがい5選!
  6. 起業で儲かりたいなら「せどり」。その理由とは?
  7. 起業する前に講演会に参加してみよう!
  8. 開業した主婦が成功するには??
  9. 起業に必要なマインドを維持していく方法とは?
  10. 起業するならゼロ円から始めたいけど、大丈夫なの??
閉じる

食える起業と働き方

お金持ちはどうやってお金持ちになったのか?−統計から見る、億万長者になる方法で最も確率の高いのは次のうちどれ?

chicago-516105_1280-1-1

あなたは億万長者になってみたいと思いますか?億万長者とは資産が1億円を超える人の事を指しています。あなたが少しでも億万長者になってみたいと思うのならば、そうなれる確率が最も高い方法は何なのか?

「お金持ちはどうやってお金持ちになったんでしょうか?」

・ 不動産投資
・ 親からの遺産
・ 株で一儲け
・ ビジネスで起業

あなたはどんな方法がもっとも可能性が高いと思いますか?

今回は、本田健さんの書籍で紹介されていた1万2000人の富裕層(1億円以上を持っている人)を調査した統計結果を元に最も確率の高い方法を公開します。

億万長者の統計学

ユダヤ人大富豪の教えで有名な本田健さんの著書によると
1万2000人の富裕層を調査した結果、以下の通りの結果になった…

———————————
1. 親から相続を受ける(17%)
2. 株式や不動産投資で成功する(2%)
3. 一流企業で経営者になり、高額の報酬を得る(24%)
4. 著作物や特許によるロイヤリティー収入を得る(1%)
5. 医者や弁護士などの専門官になり高額な報酬を得る(25%)
6. 自分のビジネスを起こして成功する(28%)

—————
あなたはこの結果をどう捉えますか?

この表を見てみれば、私たちのような一般てきな人が
どうやって一代で億万長者になるのか、その方法が見えてきます。

まず、親から相続を受けるというのは環境によって決められるので、
あなたの両親が相当の資産家であれば、可能性はあると思いますが…

基本的には選択肢から真っ先に消えてしまう方法でしょう。

次に、株式や不動産投資で成功する。これはあまりにも%が低くて
選択肢から消えると思います。

次に、一流企業で経営者になり、高額の報酬を得る。

現在、既に一流企業で出世をしている人ならば、別でしょうが、
私は38歳なので今から一流企業に入って出世して役員になるのは
相当難しいと感じるので選択肢から外したいと思います。

さらに著作物や特許によるロイヤリティー収入、これもあまりにも
確率が低そうに感じるのでパス。

医者や弁護士などの専門家になって高額な報酬を得る。

これも今から資格を取るのは勉強が苦手な私からすれば、
かなり無理があるかなと思いますし…

実際に知り合いの弁護士や、歯科医師に話を聴くと
今はけっこう競争が激しくて利益が上がらないと
聴いてますので、パスかなと言う感じです。

ということは、残ったのはビジネスで起業する。

になりますね。

凡人が億万長者に成り上がる最も現実的な方法

このように統計を元に考えると、
自分でビジネスを起こすということが最も現実的な手段になります。

ロバートキヨサキさんの「金持ち父さん、貧乏父さん」でも
億万長者になるための黄金パターンは

1:ビジネスを起こす
2:利益を投資に回す
3:資産をどんどん増やしていく

だと言うことを言っています。

最近ではこの不況の煽りを受けて、とにかく安全に
じっくりと投資をしていこうと言う風潮があります。

20年〜30年かけて堅実にお金を貯める、
そんな投資戦略が流行っているように思いますが…

これでは時間がかかり過ぎますし、これからの時代には
合わないのだとおもいます。

確かに30年と言う時間を使い、複利のレバレッジを使えば
1億円と言う資産を持つ事は可能ですが…

もっと速く、短期間で1億円と言う資産を持つには

「収入を上げる事が必須だ」

と、7年以内に1億円の個人資産をつくる
マル秘資産形成術を書いているマイケルマスターソンは言っています。

私もその考えに、賛同しています。

資産運用じゃない!会社を起こせ!今すぐ!!

アメリカでも日本でも億万長者になる人で従業員の人はほとんどいません。
(投資で成功する人もわずか2%です)

医者や、弁護士でも勤務医や従業員として働いていれば、
かなりの確率で資産を構築するのは難しいと思います。

なぜなら、私の知り合いの弁護士や、医者は収入は高いですが、
その分、支出が多く、然もそれを経費として計上できずに
税金も高く徴収されているからです。

もちろん、従業員もメリットはあると思います。

会社が仕事を持ってきてくれる。
定期的に決まった給料が手に入る。
ローンが組みやすい。

などです。

しかし、それも良い会社に勤めて、会社が儲っている場合です。

逆に言えば、会社が倒産すれば一巻の終わりなのです。

高度経済成長時のように会社がどんどん成長していれば、
給料も上がり、ボーナスも増え、人生計画も立てられ
安定して、幸せなサラリーマン生活を満喫できたでしょう。

しかし、今は時代が違います。

中小企業は特にそうですが、これからはどんどん時代に合わせ、
イノベーションを起こしていかなければ会社が潰れます。

持たざるものほど企業を選択すべきです。

学歴がなくて優良企業に就職できない、
資格や経験のない人、貧乏な人、
そう言う搾取されやすい人こそ起業すべきです。

現在ではインターネットの普及に伴い、起業するリスクが
本当に少なくなっています。

パソコン1台あれば、誰でも初期費用をほとんどかけずに
ビジネスを始める事が出来るような時代です。

こんな時代だからこそ、持たざるものこそ起業に掛けて
人生を逆転させて欲しいのです。

では、具体的にどんな起業をすれば良いのか?

というと、インターネットビジネスです。

なぜなら…

インターネットを使ったビジネスをお勧めする3つの理由!!

なぜ、インターネットを使ったビジネスをお勧めするのかというと…

理由その1:これからも成長が見込める成長市場だから…

億万長者になった人は、時代遅れのビジネスを起こしていません。

孫正義、ビルゲイツ、スティーブジョブズ…

これらの有名な億万長者達は、未来に成長する産業に参入しました。

「よし!お金持ちになるためにビジネスをやるぞ!!」

と思って、いまから鉄道ビジネスをやり始めたら
いったいどうなるでしょうか?

恐らく、もう稼げない可能性が高いのではないでしょうか?
(発展途上国ならチャンスがあるかな?)

そんな風に、ビジネスで成功するには成長産業にいち早く参入する
ということが大切なのです。

それを考えると、今から伸びるこのインターネットビジネスに
参入するのは最適な時期だと思います。

これからはインターネットを作るのではなく、それを利用して
ビジネスを拡大するということが大切になると予想されます。

なので、これからビジネスをやるのならインターネットを
利用してやるビジネスに参入する事を強くオススメします。

理由その2:初期費用がほとんどゼロで起業可能なインフラがあるから…

Youtube、Googleアドセンス、AmazonFBAなど個人が起業するために
無料(もしくは安価)で利用できるプラットフォームが整っています。

なので初期費用がほとんどゼロで起業する事が出来るのです。

実店鋪でラーメン屋を開こうと思ったら、物件や、リフォームなどで
最低1000万円程度は必要になってきます。

しかし、インターネットビジネスであれば、5,000円や1万円
その気になれば現金0円でも起業する事が出来るのです。

もちろん、インターネットを使ってパソコンで仕事をするので
好きな時間に、好きな場所で仕事をする事が出来ます。

有給を取るのに気を使ったり、子供の都合で周囲に気を使ったり、
何となく早く帰るのが良くないと言う事もありません。

自分の好きな時に、挑戦していく事が出来るのです。

そして、逆に考えれば、初期費用が低いと言う事は、
このビジネスで失敗してもリスクがありません。

失う物は、自分の時間だけです。

失うと言ってもその為に使った時間は、あなたの経験値になるので、
それを考えれば、失う物は何もなく得る物しかないとも考えられます。
(もちろん、それはしっかりと勉強しながら実践した場合ですが…)

長い目で見れば、例え失敗したとしても、メリットしかありません。

以上の理由から、インターネットビジネスをする事をオススメします。

理由その3:好きなことで起業できる!

そして、最後の理由がインターネットを使えば商圏が広がるので
かなりマイナーな物でもビジネスができるということです。

有名な事例では「オウムの飼い方」という本をインターネットで
販売してビジネスを作った例もあります。

ちょっと考えれば分かると思いますが、地域でオウムの飼い方教室を
開いたら、かなりの高い確率で参加人数が足りなくて商売になりません。

しかし、インターネットであれば、一瞬にして日本全国、
もしくは世界中を相手に商売が出来るのです。

なので、実店鋪でやるビジネスに比べて、変わったジャンルでも
ビジネスが成り立つのです。

言い換えるのなら、あなたの好きな事でお金を稼ぐ事が出来るのです。

だからこそ、このインターネットビジネスを
あなたにオススメしたいと思います。

…。

私はこれらの理由であなたにこのビジネスを強くオススメします。

しかし、ただ闇雲に好きなことをやっていてもお金になりません。

インターネットでお金を稼ぐためには、それなりの準備が要ります。

その準備が、あなたの好きな物をお金に換えるための知識、
「マーケティング」です。

例えば、多くの音楽アーティスト、彼らは歌が上手いから
世に出ることができたと思いますか?

Piko太郎は偶然、ジャスティンビーバーにツイートされたと思いますか?

世の中はそれほど甘くはありません。

あれは実は裏でマーケターが仕掛けているのです。

偶然拾われて、有名になるって言うのはおとぎ話です。

裏ではどの人をどのように売り出すのか、
すべて戦略に基づいて決められている事なのです。

この一見、マーケティングと関係ない音楽業界や
芸術業界も実は裏ではマーケティングを知っている物が勝つのです。

なぜなら、マーケティングとはあなたの好きな事と
世の中のニーズをつなげて、お金に換える技術だからです。

ビジネスを起こすと言うと、

とりあえず資格をとるべきかな?
オフィスを用意しないとな?
名詞を用意しないといけない?

と、考えると思いますが…

ビジネスの初期段階で必要なのはマーケティングです。

なので、あなたが会社を起こし、一発逆転したいと思っているなら…

今すぐマーケティングの勉強を始めて下さい。

マーケティングを学ぶって?何から勉強すれば良いの?

と、感じる人もいると思うので、
まず何を勉強しては行けないかと言う事をお話します。

学んでは行けないもの⇒大企業が使うイメージ広告などのマーケティング。

多くの人がマーケティングを学ぶと言うと、
ビジネススクールや、マーケティング本を読もうとします。

しかし、多くのマーケティングの本は役に立ちません。

なぜなら、机上の空論ばかりが論じられているからです。

簡単に言うと、お金を大量に掛けて始めて効果のある
マーケティングは起業のスタートアップ時には必要ありません。

なので、イメージ広告や、難しいマーケティング理論は無視して下さい。

学ぶべき物⇒すぐにお客が集まり、売上が上がる、現場のマーケティング

ダイレクトレスポンスマーケティングと言われる
直接的に売上を上げるためのマーケティングが重要です。

ビジネスの規模がある程度大きくなるまでは、
このマーケティング手法を学ぶのが一番です。

もちろん、ある程度基本を理解すれば
それを手伝ってくれる人に頼むのが一番ですが、
マーケティングを何も知らずに頼ってしまうと…

騙されたり、ぼったくられたりしますので、
せめて基本のマーケティングだけでも勉強しておく必要があります。

あなたの好きな事をビジネスにするために
まず学ぶべきマーケティング、
それを教えてくれるスクールがあります。

興味ある人は下のリンクをクリックして、チェックしてみてください。

 無料でマーケティング入門講座を学ぶならこちら

 まとめ

こんな世の中だからこそ、チャンスがごろごろと転がっています。

問題はチャンスと良く言いますが、現実的に億万長者になるには
このチャンスを上手く見抜いて物にする知識が重要です。

だからこそ、このマーケティングと言う錬金術の知識を手に入れて
自分の好きな事をビジネスにして下さい。

⇒ すぐに使える現場のマーケティングを学ぶならこちら

追伸:
いまのままではいけないと思っていても
何やったら良いか分からない人も、
とりあえずマーケティングを学んで下さい。

あなたが好きなことを見つけた時に
すぐに活動を開始する事ができるからです。

もしくは、あなたが支えてあげたいと思った人を
助けてあげる事が出来るからです。

このすぐに使えるマーケティングがあれば、
あなたの周りの人の才能をお金に換えられます。

⇒ お金を産み出す錬金術の秘密を知りたいならこちら

 

関連記事

  1. MarcoGonzalez / Pixabay

    Youtubeで起業して成功させよう!

  2. domeckopol / Pixabay

    起業に必要なマインドを維持していく方法とは?

  3. d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

    起業でデザイナーを始めるなら知っておいた方がいい、3つのポイント…

  4. geralt / Pixabay

    起業する時にやってはいけないことをまとめてみました。

  5. PublicDomainPictures / Pixabay

    独立したい!お手伝いサービス(代行)は意外と儲かる。

  6. loufre / Pixabay

    給料はいくら?起業したいあなたに良い情報を教えちゃいます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る