閉じる
閉じる
閉じる
  1. 独立には何が必要??
  2. 大人気ユーチューバーのメリットとは!?
  3. LINEから集客をするメリット4選!
  4. ネットショップで起業するメリット3選!
  5. 経営者のやりがい5選!
  6. 起業で儲かりたいなら「せどり」。その理由とは?
  7. 起業する前に講演会に参加してみよう!
  8. 開業した主婦が成功するには??
  9. 起業に必要なマインドを維持していく方法とは?
  10. 起業するならゼロ円から始めたいけど、大丈夫なの??
閉じる

食える起業と働き方

開業に必要な内容をまとめてみました。

開業しようと考えているあなたに、開業する為には何が必要なのか。

そういった内容について今回は調べてみました。

まずは、開業する為に必要な書類は揃えておいてください。

用紙などは、ネットで検索して印刷できるのもあります。

■目的をしっかりと

domeckopol / Pixabay

domeckopol / Pixabay

まずは、目的です。

・ターゲットを絞る
・仕入れ先を考える
・販売方法はどうするか
・販売場所は?
・ライバルをリサーチ

簡単に言えばこんな感じですが、実際考えると時間かかります。

そこで、もっと具体的に、シンプルに考えてみましょう。

その方法として、

・Why(なぜ)
・Where(どこで)
・Who(誰が)
・Whom(誰に)
・What(何を)
・When(いつ)
・How(どうやって)

これにあてはめてみてください。

そして、プラス、商品やお金、人の流れを整理します。

商品をどこから仕入れて、お金はどのように流れて、従業員や客は何によってどのような動きをするのかといった事をまとめてみてください。

他人にシンプルにわかりやすく話せるようにと意識するといいかもしれませんね。

■必要な書類などの提出

rawpixel / Pixabay

目的がはっきり決まったら、実際に必要な手続きをしていかなければなりません。

個人事業の開廃業等届出手続というのを提出しないといけません。

一応前もって決めておいた方がいい事例としまして説明します。

・屋号を決める。
店の名前、会社の名前ですね。

・事業の概要
事業の内容です。
例えば、インテリア商品の企画・生産・販売などです。

注意としましては、後の事業税のことを考えて記入しましょう。

従業員を雇う場合は、給料支払い事務所等などの届け出が必要になります。

また、店舗を持つ場合、近所に同じお店があるかどうかを調べる事もできます。

書類が揃ったら、税務署で手続きがあります。

開業届けなどは開業後2ヶ月以内に提出する必要がありますので注意してください。

■分析
fancycrave1 / Pixabay

fancycrave1 / Pixabay

いざ、開業が始まると、常に行っておいた方がいい事は、分析やリサーチです。

市場規模分析、競合分析などあります。

例えば、売ろうとしている商品などお客様がどのぐらい存在するかを把握したり、

ライバル店の強みや弱みを明確にします。

それをする事によって、戦略を考え差別化要素を明確にしましょう。

店舗を構えず、ネットビジネスだけでやる場合などはSEO対策などしておいてください。

このように、今回開業する為に必要な事を簡潔に説明させていただきました。

やはり最初に目的をしっかりしておく事がいかに大事なのかと思い知らされました。

どんな事業でやっていくのか。

まだ決めかねていない、曖昧だという方はいらっしゃいますか?

迷いがある方の為に最近話題のIT社長養成学校がいいという噂を聞きましたので、ご紹介します。

この学校で学んだ事は、多くの業種で活用できる素晴らしい学科が揃っています。

詳しくはサイトをご覧いただいたらお分かりになると思いますが、

実際の受講生の声も聞く事ができます。

是非、一度覗いてみてください。

関連記事

  1. 中高年の再就職は絶望の連続…生活保護の実態と下流中年

  2. 独立には何が必要??

  3. 起業ママが成功するには何が必要?

  4. 起業するには何がいる!?まずは知っておく5つのポイント!

  5. 起業って楽しい!みんなも起業しよう!

  6. セミナーに参加して起業したいと思っているあなたに4つのアドバイス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る