閉じる
閉じる
閉じる
  1. 独立には何が必要??
  2. 大人気ユーチューバーのメリットとは!?
  3. LINEから集客をするメリット4選!
  4. ネットショップで起業するメリット3選!
  5. 経営者のやりがい5選!
  6. 起業で儲かりたいなら「せどり」。その理由とは?
  7. 起業する前に講演会に参加してみよう!
  8. 開業した主婦が成功するには??
  9. 起業に必要なマインドを維持していく方法とは?
  10. 起業するならゼロ円から始めたいけど、大丈夫なの??
閉じる

食える起業と働き方

起業するなら資金調達についてまずは知ろう!

起業する為に必要な資金調達。

資金調達の前に自分がどれだけの金額を持っているか、投資できるかが大事です。

では、どれぐらいの金額を調達すれば良いのか。どのように調達すればよいのか。

気になる疑問をまとめてみました!

■金額はどれぐらいがいいの?

loufre / Pixabay

loufre / Pixabay

起業し始めは、未来の予測に基づいた事業計画書中心の審査になります。
なので、事業計画書が重要になってきます。

起業時の融資には、自己資金の割合が融資条件になるという独特の特徴があり、その対策も必要です。

となると、自己資金がどのぐらい用意すればいいのか。

飲食や不動産以外では100万~300万用意すれば理想的だそうです。

やはり起業すると決めたらまずはしっかり貯めないといけないという事ですね。
そうする事で金融機関からの信用にも関わってきますからね。

資金調達できる金額はその方法によりますが、だいたいどこも上限が1000~3000万ですね。

(引用:https://allabout.co.jp/gm/gc/313668/)

■調達方法

これには様々な方法があります。

1、家族や友人から借りる

これは後にトラブルにならないように、契約書などそうっいった面でしっかりとしておきましょう。

2、国民政策金融公庫(創業融資)

資金調達法としては最も実現性が高いです。事業実績が無くても無担保無保証で融資を受けられる可能性があるので、創業時の事業スピードを考えて検討する価値はあります。

3、信用保証協会(制度融資)

創業時の資金調達としては、国民政策金融公庫の創業融資ともう一つ制度融資があります。創業融資に比べ金利が安いのが利点ですが、審査期間は創業融資に比べ少し長くなっています。

4、ベンチャーキャピタルからの出資

日本はアメリカ程、個人投資家による投資が活発ではありません。ある意味でベンチャーキャピタルがその役割を担っています。企業の成長段階としては比較的早い段階から投資してくれるベンチャーキャピタルもあります。ベンチャーキャピタルが出資する条件としては、基本的に事業計画の規模がIPOを超えていること、5年以内の上場を目指していることなどです。なぜなら、彼らは投資に対するリターンをIPOに置いているからです。

5、助成金・補助金

創業時における助成金・補助金は数多くあります。助成金・補助金は返済の必要が無いお金ですから非常に大きなメリットがあります。しかしながら、助成金の問題点はお金が入ってくるまでにとにかく時間と手間がかかることです。基本的には申請すれば確実に入ってくると計算できるものでは無いので、短期の資金繰りには向きません。

引用元(http://inqup.com/9ways-to-finance)

■まとめ

会社設立には様々なやり方があるんだと今回調べてわかったのではないでしょうか。

なので実際起業する前に、色々調べて把握しておく事が大切なのですね。

しかし、今の時代は家の中で出来る起業もあります。

ネットビジネスなどそうですね。パソコンさえあればできるというやり方です。

主婦の方とか副業としてやってらっしゃる方は多いですし、自宅をオフィスにしてる方もいます。

このように、少し工夫をする事で、自己資金だけで出来るビジネスもあります。

あなたが将来どんな起業をしていきたいのか、未来のビジョンをしっかりと定めていくことが必要です。

ここで今話題の学校があるのは知ってますか?

IT社長養成学校.com

もしかしたら、ここで何らかのヒントが手に入るかもしれません。

良かったら、ご覧ください。

関連記事

  1. 起業って楽しい!みんなも起業しよう!

  2. 起業は手段?それとも目的?

  3. 起業したい人は養成講座というものを受けてみては?

  4. 仲間を集めて起業する為に必ず知っておいた方がいいポイント3つとは…

  5. ブログで起業は資金ゼロ!?ブログ起業とは

  6. 起業…どうやって何からすればいい?そんなあなたに重要な部分だけ教…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る